日本乳幼児医学・心理学会のご案内

日本乳幼児医学・心理学会(Japanese Association for Medical and Psychological Study of Infants)は、精神医学、小児科学、心理学および教育学など、乳幼児にかかわる様々な専門領域が一堂に集まり、議論していくことで、乳幼児のメンタルヘルスや母子関係、育児支援における臨床的および 理論的知見を積み上げていくことを目的として1991年に設立された学会です。

お 知 ら せ  

会員のみなさまへ   

 

本学会では、会員相互の情報交流、ないし、一般関係者に学会関連情報を広く案内するため、

学会ホームページに「本学会関連情報」欄を設けました。

「本学会関連情報」欄は、一般のホームページ閲覧者も見ることができます。

本欄に、情報掲載を希望される会員は、関連文書を添付の上、事務局までお申し込みください。

尚、掲載の是非は、編集委員会で審議いたしますので、ご了承ください。

第26回 日本乳幼児医学・心理学会

日 程:平成28年12月3日(土)
会 場:慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール
    〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
会 長:濱田 庸子(慶應義塾大学環境情報学部)

 

学会メインテーマ『精神分析と乳幼児精神保健

             clinical infantとobserved infantの交流』

会長講演「お母さんの心の中の赤ちゃんと関わること」

シンポジウム「精神分析と乳幼児精神保健」

シンポジスト:衣笠 隆幸(平和通り心療クリニック)

       青木 紀久代(お茶の水女子大学)

       朝枝 清子(クリニックおぐら)

指定討論者:久保田 まり(東洋英和女学院大学)

        

後 援:公益財団法人 精神分析武田こころの健康財団 

*演題(口頭・ポスター)を募集いたします 

 

【演題申し込み方法】

応募者は題名、所属、氏名を記入し、発表者の前に○印をつけ、800字程度の抄録を

事務局まで、Eメール(テキストファイルを添付)にてお送り下さい。

今大会でも、口頭発表の他にポスター発表も募集いたします。また、口頭発表を対象

として、大会優秀発表賞の選考を行います(選考対象は、40才以下の若手研究者の発

表演題となります)。

 

なお、発表者、連名発表者は必ず会員であることが必要です。

申込期限は、8月31日(水)必着です。