◎投稿規定◎

乳幼児医学・心理学研究では皆様の投稿をお待ちしております。下記、投稿規定をお読みの上、学会事務局までお送りください。

乳幼児医学・心理学研究 投稿規定

1.本誌は乳幼児医学・心理学に関する総説,展望,原著論文,資料,短報などで,原則として他紙に発表されていないものを掲載する。
2.投稿資格は原則として乳幼児医学・心理学会会員に限る。ただし、編集委員会の判断で会員外の著者に原稿を依頼することができる。
3.原稿は400字詰横書原稿用紙を用い,欧文はすべてタイプで打つ。ワードプロセッサーを使用する場合はA4の用紙を使用し,同じく横書きで,1ページが400字の整数倍(原則として1行40字とし,1頁を1,200字ないし1,600字)になるようにする。
4.原稿には表題,氏名,所属,所属住所を記し,それぞれに英文を付す。すべての論文に,英文抄録(120 words 以内)と,英語の Key words (3〜5個程度)を付ける。論文の枚数は,総説及び展望は50枚程度,原著論文および資料は30枚程度,また短報は15枚程度とする。
5.外国人の人名,薬品名は原語で,専門用語は各学会統一用語に従って邦語を用い,必要な場合には( )内に原語を記載する。
6.文献は本文中に引用されたものを挙げ,以下のように記載する。
a.文献は本文末に著者名のABC順に記載し,番号は付けない。同一著者の場合には発表年順に記載する。
本文中に引用する際には,筆頭著者名と発表年号を記載する。筆者が複数の場合には,筆頭著者名の後に“ら”を付け,“Ainsworth ら(1972)は”あるいは“(Ainsworth ら,1972)”のように記載し,引用文献リストに著者名全員を記載する。
b.URLを引用した場合は,引用文献ではなく,脚注として記載する。
c.文献の記載法は,それぞれ以下の記載例に従うこと。
 Ainsworth,M.D.S.,Bell,S.M.,&Stayton,D.J.(1972).Individual differences in the development of some  attachment behaviors.Merrill Palmer Quarterly,18,123-143.
 Cytryn,L.,Mcknew,D.H.,Zahn-Waxler,C.,Radke-Yarrow,M.,Gaensbauer,T.J.,Harmon,R.J.,& Lamour,M.(1984).        A developmental view of affective disturbances in the children of affectively ill parents.American Journal of Psychiatry,141.219-222.
 上村菊朗,森永良子,隠岐忠彦,服部照子(1988).学習障害.東京,医歯薬出版.
 金子寿子,杉山登志郎,猪子香代(1989).思春期やせ症.若林慎一郎(編),児童青年精神科:現代社会の病理と臨床,pp.123-147,東京,金剛出版.
 杉山登志郎,末田佳代,西沢めぐ美,多田早織,辻井正次(1998).高機能広汎性発達障害青年の手記の分析.乳幼児医学・心理学研究,7,41-49.
 Thomas,A.&Chess,S.(1980).The dynamic of psychological development.New York,Brunner/Mazel(林雅次(監訳)(1981).子どもの気質と心理発達,東京,星和書店).
 Trevarthen,C.(1977).Descriptive analysis of infant communicative behavior.In H.R.Schaffer(Ed.),Studies in mother-infant interaction,pp.227-270,London,Academic Press.
7.図表等は文献の後に掲載順に添付し,本文中の右余白に挿入箇所を明示する。
編集の都合上,字句の修正,図表の体裁の改変などを行うことがある。また,図表,写真などで特別の費用を要するときは,実費を投稿者の負担とする。
8.原稿の採否は編集委員会で決定する。必要に応じ加筆,訂正などを求めることがある。
9.掲載後の原稿は原則として返却しない。
10.著者校正は原則として一回行う。別刷は希望者のみに作成し,費用は全額執筆者の自己負担とし,30部単位で申し込むこととする。
11.原稿は,原本およびコピー2部を,書留にて下記宛送付する。なお,著者の手元に,コピー1部を保管しておくこと。
12.本誌に掲載された論文などの版権は日本乳幼児医学・心理学会に所属し,本誌の一部ないし全部の転載,複写およびデータベースへの取り込みについての許諾権は日本乳幼児医学・心理学会に帰属するものとする。

                        〒603-8148
                        京都市北区小山西花池町1-8
                        (株)土倉事務所内
                        乳幼児医学・心理学研究編集委員会