日本乳幼児医学・心理学会のご案内

日本乳幼児医学・心理学会(Japanese Association for Medical and Psychological Study of Infants)は、精神医学、小児科学、心理学および教育学など、乳幼児にかかわる様々な専門領域が一堂に集まり、議論していくことで、乳幼児のメンタルヘルスや母子関係、育児支援における臨床的および 理論的知見を積み上げていくことを目的として1991年に設立された学会です。

お 知 ら せ

会員のみなさまへ   

 

本学会では、会員相互の情報交流、ないし、一般関係者に学会関連情報を広く案内するため、学会ホームページに「本学会関連情報」欄を設けました。

「本学会関連情報」欄は、一般のホームページ閲覧者も見ることができます。本欄に、情報掲載を希望される会員は、関連文書を添付の上、事務局までお申し込みください。

尚、掲載の是非は、編集委員会で審議いたしますので、ご了承ください。

第32回日本乳幼児医学・心理学会

* 演題募集を開始しました。(9/30まで)

* * *

 日 時:2023年2月19日(日)9:30~17:00予定
 会 場:名古屋大学ES総合館 1階ESホール
 会 長:別府 哲(岐阜大学教育学部)
 
 メインテーマ『自閉スペクトラム症の早期発見と早期療育』
 特 別 講 演
 「自閉スペクトラム症の早期発見、早期兆候について」(仮)
 講 師:神尾陽子(お茶の水女子大学人間発達教育科学研究所・神尾陽子クリニック院長)
 シ ン ポ ジ ウ ム
 「自閉スペクトラム症の早期発見と早期療育」
 シンポジスト
北川小有里
(岐阜県本巣市発達相談員・公認心理師・臨床心理士)
永田雅子
(名古屋大学心の発達支援研究実践センター)
浜田 恵
(名古屋学芸大学ヒューマンケア学部)
 指 定 討 論
野邑健二
(名古屋大学心の発達支援研究実践センター)

演 題 募 集

一般演題(口頭)発表とポスター発表を募集いたします。

申込期限は2022年9月30日(金)必着です。

 

*今大会では、一般演題(口頭)発表を対象に大会優秀発表賞の選考を行います(40歳以下の若手研究者の発表が選考対象となります)。

*ポスター発表に限り、学生であれば会員でなくても発表できます。

 

演題申込方法

希望する発表の申込方法に沿ってご応募ください。

 

【一般演題(口頭)発表申込方法】

一般演題(口頭)発表は、発表者・連名発表者共に、必ず会員であることが条件です。

応募者は題名、所属、氏名を記入し、発表者の前に○印をつけ、800字程度の抄録を事務局(aei04761(AT)nifty.com)まで、Eメール(Wordファイルを添付)にてお送り下さい。

※非会員(一般・学生共)で一般演題(口頭)発表をご希望の方は、事前にご入会ください。

 

【ポスター発表申込方法】

ポスター発表は、発表者・連名発表者の会員・非会員は問いません。

応募者は題名、所属、氏名を記入し、発表者の前に○印をつけ、800字程度の抄録を事務局(aei04761(AT)nifty.com)まで、Eメール(Wordファイルを添付)にてお送り下さい。

※非会員の方は一般と学生で手続きが異なります。

・非会員(一般)でポスター発表をご希望の方は、ご入会ください(発表者・連名発表者共)。ただし連名発表者が非会員(学生)の場合は、入会は不要です。

・非会員(学生)でポスター発表をご希望の方は、上記の要領で抄録を送付のうえ発表者のみ事前参加費(4,000円)をお振り込みください。ご入会は不要です。振込先の口座番号は、抄録をお送りいただいた後に事務局よりお知らせいたします。(なお連名発表者は、事前参加費なしで発表への登録が可能ですが、当日参加をご希望の場合は、非会員の当日参加費を受付にてお支払いください。)

 

抄録送付先:aei04761(AT)nifty.com ※(AT)を@に置き換えてください。

      日本乳幼児医学・心理学会事務局 担当:関本