日本乳幼児医学・心理学会のご案内

日本乳幼児医学・心理学会(Japanese Association for Medical and Psychological Study of Infants)は、精神医学、小児科学、心理学および教育学など、乳幼児にかかわる様々な専門領域が一堂に集まり、議論していくことで、乳幼児のメンタルヘルスや母子関係、育児支援における臨床的および 理論的知見を積み上げていくことを目的として1991年に設立された学会です。

お 知 ら せ

会員のみなさまへ   

 

本学会では、会員相互の情報交流、ないし、一般関係者に学会関連情報を広く案内するため、学会ホームページに「本学会関連情報」欄を設けました。

「本学会関連情報」欄は、一般のホームページ閲覧者も見ることができます。本欄に、情報掲載を希望される会員は、関連文書を添付の上、事務局までお申し込みください。

尚、掲載の是非は、編集委員会で審議いたしますので、ご了承ください。

第34回日本乳幼児医学・心理学会

 日 時:2025年2月22日(土)9:00~17:10(予定)

 会 場:大正大学(5号館)

     東京都豊島区西巣鴨3-20-1

     都営地下鉄三田線 西巣鴨駅、A3出口徒歩2分

 会 長:長谷川智子(大正大学人間学部)

 

 メインテーマ

   『育ちゆく子どもの発達と支援―身体と心,家族,そして社会―』(仮)

会長講演

 長谷川智子(大正大学人間学部 教授)

ランチタイムセミナー(仮)

 内山登紀夫(福島学院大学社会福祉学部 教授)

シンポジウム 乳幼児期の睡眠の発達と環境―看護・心理・医学の視点から―

 シンポジスト

  看 護:松枝加奈子

     (大阪医科薬科大学看護学部 講師)[助産学・看護学]

  心理学:福田一彦

     (江戸川大学社会学部 特任教授)[精神生理学]

  医 学:岡 靖哲

     (愛媛大学医学部附属病院睡眠医療センター 特任教授)[精神神経科学]

 

 指定討論 根ケ山光一

     (早稲田大学 名誉教授)